SMART Solution

地球のわたしたちは、太陽に生かされている

太陽から地球へ降り注いでいる毎秒42兆kcalという膨大なエネルギー。
このエネルギー1時間分をすべてとらえ利用できれば、人類は化石燃料も原子力使用することなく1年以上暮らすことができる計算になります。
「電力システム改革」の推進がスタートした現在、いまこそ、あらためて太陽に目を向け、太陽エネルギーをもっと効率的に活用するための技術進化が求められています。

南極で鍛えられてきた、ミサワホームのエネルギー技術

冬季は気温が-45℃、風速60m/秒(時速216km)のブリザードが吹き荒れる南極。
ミサワホームは、そのような過酷な自然環境の中に建つ南極昭和基地における建物建設をお手伝い。
1968年から始まり半世紀以上にわたるこの取り組みは、
ミサワホームのエネルギー技術の原点であり、最先端であり続けています。

  • 南極でも太陽エネルギー

    南極でも太陽エネルギー。

    独立した環境の南極では、持ち込む燃料は限られ廃棄物の処理にも規制があります。
    「自然エネルギー棟」は、太陽光や風力などの自然エネルギーを活用し燃料削減に貢献。

  • 屋根そのものが太陽電池という新発想。

    屋根そのものが太陽電池
    という新発想。

    ミサワホームの独自開発、世界初「屋根建材一体型太陽電池」。
    導入しやすく高品質なこの画期的な太陽光発電システムは、1998年に「日経地球環境技術賞」を受賞。

  • 世界で初めてのゼロ・エネルギー。

    世界で初めての
    ゼロ・エネルギー。

    1998年発売の「HYBRID-Z」は、住宅・環境省エネルギー機構による初めての「ゼロ・エネルギー住宅」評定を取得。
    世界でも初の「ゼロ・エネルギー住宅」です。

野菜をつくって食べるように、エネルギーをつくって使う。

2010年に発表したコンセプトモデル「ECO Flagship Model」では、
建物段階から廃棄に至るまでの生涯のCO2収支を大幅に削減。
最先端の環境技術や伝統の知恵を集結し、
環境に貢献するLCCO2(ライフサイクルCO2)マイナスのコンセプト住宅です。

  • 南極でも太陽エネルギー

    太陽光も太陽熱もいかす
    カスケードソーラー。

    太陽光発電システムと太陽熱集熱システムを融合させた「カスケードソーラーシステム」。
    高効率の太陽光発電を行いながら熱エネルギーも有効活用する仕組みです。

  • 屋根そのものが太陽電池という新発想。

    電気はもちろん
    ガスや水まで見えるHEMS。

    エネルギー利用の効率化をめざして独自に開発したHEMS「enecoco」。
    SNS機能を通じて家族でコミュニケーションしながら楽しく省エネに取り組めます。

  • 世界で初めてのゼロ・エネルギー。

    エネルギーの地産地消が
    はじまっている。

    現在ミサワホームでは、電力供給を必要としない「自家消費型住宅」施行棟を建設。
    エネルギー住宅のさらに未来を見据え、次世代型スマートハウスの実証を進めています。

  • SMART solution 自給したエネルギーをかしこく使える、先進の暮らし。
  • AMENITY solution 自然をいかして地球環境にやさしい、快適な暮らし。