こころとからだに心地よい、一歩先の暮らし

私たちに心地よく、地球にもやさしい。未来を育む住まいです。

エコ、省エネ、環境配慮…。大切なことだとわかっていても、
何だか大変そう。
でももし、それがあなたの手を煩わせないものだとしたら?
あるいは、家族みんなが気持ちよく過ごせるものだとしたら?
ミサワホームの「地球にやさしい住まい」は、
家族にとってもやさしい住まい。
先端のテクノロジーと住む人への想いが、それを可能にしました。
未来につながる今の暮らし、さあ始めましょう。

家族みんなが健康的に暮らす。

廊下も、階段も、
家の中はどこはどこも快適。

暖房の効いた部屋でもドアを開けた時のひんやり冷気は
イヤなもの。急激な温度変化によるヒートショックも心配。
でも、ミサワホームの全館空調システムなら、家の中が
まるで一つの部屋みたいに、四季を通じてどこでも快適。

花粉の季節も怖くない。
窓を開けずに24時間換気できるから。

窓を開けなくても室内の空気がいつでも新鮮なのは
「熱交換型24時間フロアセントラルシステム」のおかげ。
花粉やPM2.5などの小さな物質をシャットアウトする
フィルターで、家族の身体もさらに安心。

寝転んだっていいんだよ。
おうちの中はクリーンで安全。

カビ菌やダニのフンなどの目に見えないアレル物質。
「プラズマクラスター※」技術や抗アレル内装材などの
業界最高レベルのシックハウス対策でしっかり抑制。
日なたのフローリングでゴロゴロ、も好きなだけ。

※プラズマクラスターはシャープ株式会社の登録商標です。

自然の力で快適に暮らす。

蒸し暑い日本の夏でも、
エアコンに依存しすぎない。

たとえば夕立のあとの爽やかな風。
雨上がりのにおい。夜にざわめく葉擦れの音。
冷房しっかりもいいけど、そんなふうに、
"涼しさ"に五感で触れる瞬間があってもいい。
「涼風制御システム」で、自然な涼しさが叶う。

夏は日陰と風に涼み、
冬は太陽のぬくもりに包まれる。

日射確度や高度、風向き、常緑樹に落葉樹。
自然と対話するように向き合い、力を借り、
移り変わる四季を味わいながら、快適に暮らす。

地域特性をも踏まえた「微気候デザイン」で、
春夏秋冬、どの季節も好きになる。

生活に必要なエネルギー・水を、
住まいが自ら作り出す。

何もしなくても、省エネ。
おひさまパワーで、光熱費ゼロ。

高気密・高断熱設計だから何もしなくたって省エネ。
さらに、太陽光発電・太陽熱集熱で創エネ、蓄エネ。
だからわが家は光熱費がゼロ。
これって、節約できるだけじゃなくて、停電のときも
安心だから、なんだかとっても頼もしいね。

雨の日だって、大切な恵み。

「雨水タンク」や「雨水利用システム」があれば、
雨だって大切な恵みになる。
貯まった雨水は、ふだんの庭のお手入れや、
災害時などインフラ停止時の生活用水に活躍。
晴れの日も、雨の日も、私たちはいつでも自然に
助けてもらっているんだね。

突然の災害からもいのちを守り、しなやかに乗り越える。

住まいそのものが「いのちのシェルター」。
突然の自然災害からも、大切な家族を守る。

ミサワホームの住まいは、創業以来、地震による
「倒壊ゼロ(※)」。大切な家族を、しっかり守ってくれる。
「もしも」のときでも、家の中が一番安心だね。

※「倒壊ゼロ」は地盤に起因する被害は除きます。

必要物資をしっかり備蓄。
災害発生後の生活も支える。

食糧、エネルギー、水の備蓄にもひとくふう。
「あってよかった」備えで、家族のいのちをつなぎます。
大収納「蔵」「小屋KURA」なら、ふだんの生活を邪魔せず、
限られた空間でも自宅内にしっかり備蓄できる。

木のような家で、森のようなまちで暮らす。

リビングで、キッチンで、バルコニーで。
日常のふとした時に感じる自然が、
子どもたちの心を豊かに育む。

小さないのちの営みを身近に感じられることは、
子どもたちのやさしい気持ちを育ててくれる。
ガーデニングや家庭菜園は、大人にとっても楽しみ。
なんだか家族のおしゃべりも、増える気がするね。

つながり、わけあい、助けあう。
このまちで知った、新しい暮らし方。

まちの菜園で、みんなで野菜を作る。
太陽光や風力発電をまちぐるみで行う。
自動車もまちで共有して、必要なときだけ使う。
豊かにつながり支えあい、笑顔が増える。
こんな暮らしがあるんだって、まちが教えてくれた。

地球にやさしい暮らしは、家族みんなにもやさしく、
快適なだけでなく、なんだかワクワクするものですね。
ミサワホームが創立以来取り組んできた、
「人と地球にやさしい暮らし」の取り組みの一部をご紹介します。

地球とともに暮らす未来の住まいへ HISTORY & FUTURE ミサワホームの取り組み